コンセプト

世界に誇る“食の宝庫 鹿児島”のおもてなし 新しいスタイルの和の世界「薩摩彩膳 きずな」

現在もなお活発な活動を続ける「桜島」。自然豊かな環境に恵まれたこの地「鹿児島」は、新鮮な魚をはじめ、牛・豚・鶏といった農畜産業等、国内は勿論のこと、海外でも高く評価されています。また「鹿児島黒牛」が日本一に輝いたことは鹿児島のブランドの高さを決定づけるものとなりました。

ここ数年「鹿児島」への観光客は増加の傾向にあり、明治維新150年を控えた今、県外や外国からの旅行者の動向に更なる期待が膨らんでいます。

そこで私たちは考えます。

県内の方はもとより、この地を訪れるすべてのお客様に「鹿児島」の食の良さをもっと知ってほしい…

地元でもてなす私たちだからできること。

それは、鹿児島県産の食材を可能な限り取り揃え、東南アジア、欧米各国の食材、調理方法を積極的に採り入れること。幅広い品揃えで柔軟に対応しながらも、専門料理店の奥深さを追求する。だからこそ“技術の高い職人”につくってもらうことに意味がある。

純粋な和食というより、日本人にも“おもしろい!”と思われるような、“和”をベースにしながらも“洋”のアイディアが垣間見れる。そんな料理をご提供させて頂きます。

「薩摩彩膳 きずな」が提案する新しいスタイルの和の世界。

私たちの役割は、あなたと鹿児島を結ぶ“絆という架け橋”なのです。

ページトップへ戻る